ウトナイ湖ワークキャンプ4日目





ウトナイ湖ワークキャンプでコーディネーターを務めております赤峰敬人です。
ウトナイ湖ワークキャンプ4日目では、ミニツアー観察会補助、勇払巡回調査、自然保護セミナーを行いました。

ミニツアー観察会補助では、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターで世界湿地の日に関連した、冬を楽しむミニツアーのアナウンスや樹木や鳥類の説明を行いました。計画通りにいかず、反省点もありましたが、参加者からは好評だったとレンジャーの方から教えていただき嬉しかったです。この活動を通して、ウトナイ湖の環境教育に貢献できたと感じると同時に、自分たちも多くのことを学べたと感じております。

勇払巡回調査では、勇払原野での猛禽類調査を行いました。オジロワシ、オオワシの幼鳥、成鳥両方を観察することができ、安平川湿原、弁天沼調査では、湿原の生態系の多様さを学びました。

自然保護セミナーでは架空のトナイというウトナイ湖にしか生息しない生物をどのような方法で保全するかについてそれぞれ意見を出しあいました。自然保護には法律、環境教育、研究など様々な方面からのアプローチが必要であることを体系的に理解できたと思います。

明日が最終日ですが、最後まで気を引き締めて怪我のないように頑張ります。

ウトナイ湖ワークキャンプ2日目




皆さんこんばんは!
ウトナイ湖ワークキャンプでコーディネーターを務めている赤峰敬人です。
ウトナイ湖ワークキャンプ2日目では、樹木剪定とウトナイ湖ミニツアーイベントの下見を行いました。

樹木剪定では、望遠鏡から施設に訪れるお客様が鳥類観察を見やすくするために、また草地性の生き物の環境を整えるために、ネイチャーセンター周辺の樹木を剪定しました。雪が深い状態での剪定作業は通常と違い、苦戦しました。

ミニツアーイベントの下見では4日目に行うツアーイベントの下見準備とウトナイ湖野生鳥獣保護センターを視察しました。鳥獣保護センター周辺の鳥類や樹木の説明を受け、4日目のイベントの際には、一般のお客様にわかりやすく理解できるような説明を行いたいです。

また、地元レンジャー瀧本さんのウトナイ湖と周辺の開発問題についてのお話を聞き、ウトナイ湖周辺の地域住民の方との話し合いが問題解決には不可欠だなと改めて感じました。

明日も怪我に気をつけ、頑張ります!

2018春ウトナイ湖ワークキャンプ始動!

画像



こんばんは!
ウトナイ湖ワークキャンプチーフコーディネーターの日置です。
本日ついにウトナイ湖ワークキャンプが始まりました!

昨夜にフェリーにて北海道に向けて大洗港を出発しました。道中にてアイスブレイクを行い、これからワークキャンプを共に行うメンバー同士、お互いのことを少し知ることができたと思います。

また航路ではデッキにて、風が強く時折激しく雪が吹き込み顔に当たりましたが、クロアシアホウドリやオオセグロカモメなど海鳥を堪能しました。
次はスコープや感度のいいカメラを持っていき、さらに多くの種を識別したいと思います。

13:30に苫小牧港に到着し、お世話になる瀧本レンジャーと合流し、日数分の食料を購入しました。美味しいご飯が楽しみです。

ネイチャーセンターに到着後は施設の使い方やウトナイ湖についてオリエンテーションをしていただきました。 

夜にはお互いに意見を尊重し、みんなが納得できる答えを導く合意形成を学ぶセミナーを行いました。

明日からは本格的に作業に入ります。
ネイチャーセンターの展示スペースから湖面がより広く見えるようにするために樹木の剪定作業などを行います。
気を引き締め、合意形成セミナーで学んだチームワークを活かし、作業に臨みたいと思います。

画像

14年夏ウトナイ湖WC 0日目

画像


今回、
チーフコーディネーターを務めます寺越です。

今回の参加者は
日本大学
東京学芸大学
東洋大学
の計3名です。


0日目は大洗港への移動、フェリーに乗っての移動のみになりましたが、
ウトナイ湖周辺に過去あった開発計画についての情報を共有した後、全員初めて乗ることになったフェリーを満喫しました。

明日からウトナイ湖のオオアワダチソウと格闘して参ります!

明日から4日間、よろしくお願いします!

最終日

画像


こんにちは、チーフの佐藤です。

早いもので、今日が最終日となりました。

お世話になったネイチャーセンターの大掃除を行い、最後にワークキャンプの振り返りを行いました。

調査や作業、懇親会、野外セミナーを通して感じたことや考えたことを一人一人発表しました。

外来種問題や開発の狭間にある勇払原野の現状。
簡単にはいかない自然保護。

実際に現場でレンジャーや地元の方のお話を聞きながら肌で感じることで、書籍やネットだけでは得られないたくさんの学びがありました。

今日で学生はそれぞれの日常へと戻りますが、このワークキャンプをただ思い出にするのではなく、初めて知ったことや考えたこと、わいてきた疑問など、少しずつでも自分のものにしていけたら良いなと思います。

最後となりましたが、お世話になったウトナイ湖サンクチュアリのレンジャーの方々、懇親会に来て下さった方々、このワークキャンプに関わって頂いた皆様にお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

4泊5日、お疲れ様でした!!

画像

ウトナイ4日目








ウトナイWCコーディネーターの荒金です。

ウトナイWCも4日目となりました!

今日は野外セミナーがあり、レンジャーの原田さんとともに自然保護と開発の狭間にある勇払原野の現状を見て回りました。

野外セミナーは午前と午後に分けて行われました。午前と午後の主な行程は以下の通りです。

午前:(1)美々川源流→(2)シャムロックカントリー倶楽部→(3)千歳市環境センター→(4)国道36号沿いの美々川湿原と第2美々橋→(5)ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(昼食・休憩)→(6)道の駅ウトナイ湖。

午後:(7)苫東柏原展望台→(8)メガソーラー実験施設→(9)弁天沼東池群→(10)弁天沼周辺での農作物栽培→(11)弁天沼→(12)道道上厚真苫小牧工事現場→(13)いすず南草原→NC(ネイチャーセンター)着→自然保護セミナー。

以上のような行程となっています。

今日見て回った勇払原野には湿原や湿地、草原、森林など豊かな自然が残されており、チュウヒやシマアオジといった希少鳥類の繁殖環境として存在しています。なので原田レンジャーを始め自然保護団体の皆さんは、そのような貴重な自然を護るために活動しています。

しかし、その一方現在でも工業地帯として開発され続けていて、徐々に勇払原野の豊かな自然は消えており、希少鳥類の住処も減っている現状です。

私たちはこの自然保護と開発の狭間にある勇払原野を、「ゴルフ場と自然環境が共存するために必要なことはなにか」や「今後この場所がどうなっていくのがよいのか」といったことを考えながら見て回りました。

自分にはその明確な答えは出ていません。

しかし、自分が今日見てきた自然というものは全てが気持ちの良いもので、ぜひ守りたいと思いました。

他のウトナイWC参加者の皆さんもこの現状を見て、いろいろ考え、いろいろな気持ちが湧いたはずです。

ですがどのような形であれ、自然を護りたい!という気持ちは強くなったと感じました。

参加者の皆さんには今回の野外セミナーの経験を活かして、これからも自然保護に参加していただきたいた思います。









utonai




ウトナイWCコーディネーターの荒金です。

ウトナイWCも4日目となりました!

今日は野外セミナーがあり、レンジャーの原田さんとともに自然保護と開発の狭間にある勇払原野の現状を見て回りました。

野外セミナーは午前と午後に分けて行われました。午前と午後の主な行程は以下の通りです。

午前:(1)美々川源流→(2)シャムロックカントリー倶楽部→(3)千歳市環境センター→(4)国道36号沿いの美々川湿原と第2美々橋→(5)ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(昼食・休憩)→(6)道の駅ウトナイ湖。

午後:(7)苫東柏原展望台→(8)メガソーラー実験施設→(9)弁天沼東池群→(10)弁天沼周辺での農作物栽培→(11)弁天沼→(12)道道上厚真苫小牧工事現場→(13)いすず南草原→NC(ネイチャーセンター)着→自然保護セミナー。

以上のような行程となっています。

今日見て回った勇払原野には湿原や湿地、草原、森林など豊かな自然が残されており、チュウヒやシマアオジといった希少鳥類の繁殖環境として存在しています。なので原田レンジャーを始め自然保護団体の皆さんは、そのような貴重な自然を護るために活動しています。

しかし、その一方現在でも工業地帯として開発され続けていて、徐々に勇払原野の豊かな自然は消えており、希少鳥類の住処も減っている現状です。

私たちはこの自然保護と開発の狭間にある勇払原野を、「ゴルフ場と自然環境が共存するために必要なことはなにか」や「今後この場所がどうなっていくのがよいのか」といったことを考えながら見て回りました。

自分にはその明確な答えは出ていません。

しかし、自分が今日見てきた自然というものは全てが気持ちの良いもので、ぜひ守りたいと思いました。

他のウトナイWC参加者の皆さんもこの現状を見て、いろいろ考え、いろいろな気持ちが湧いたはずです。

ですがどのような形であれ、自然を護りたい!という気持ちは強くなったと感じました。

参加者の皆さんには今回の野外セミナーの経験を活かして、これからも自然保護に参加していただきたいた思います。

3日目!

画像


チーフの佐藤です!

3日目の今日はオオアワダチソウ除去作業と美々川河口にある看板の撤去作業を行いました。

除去作業は、しこつ湖自然体験クラブ「トゥレップ」の方達と共に10名で行いました。

オオアワダチソウの根本から引き抜くように、皆もくもくと作業に取り組みました。
日当たりの良い場所は地面が乾いて固いため、根ごと抜くのは一苦労で汗もたくさんかきましたが、約1時間30分でおよそ7550本を抜き取ることができました!


午後は不要となった看板撤去作業を行いました。

そして夜にはトゥレップの方を始め、地元の方5名の方に来ていただきました。
自然に対する想いを語り合い、素敵な演奏もありとても充実した懇親会になりました。

普段このようにお話を聞ける機会はなかなかないので、学生はとても刺激をうけました。

明日は野外セミナーです。
それぞれ自然に対する考えを深めることができるように、しっかり学びたいと思います!

画像

2日目!

画像


こんにちは!
チーフの佐藤です。

今日は、オオアワダチソウの抑制管理調査を行いました。

外来種のオオアワダチソウは、根から他の植物を弱らせる物質を出し繁茂するやっかいな植物です。
これを放っておくと在来の植生が失われ、ウトナイ湖周辺の貴重な生態系が変化してしまう恐れがあります。

そこで、オオアワダチソウの抑制管理をするにはどのような手法で除去をするのが一番効果的かを調べるために、1m×1mの正方区にプロットし、

・地表刈り
・地上10cm刈り
・抜き取り

以上の3つの異なる方法で除去が行われました。

その除去後の効果を計るために、今回のワークキャンプでは正方区内のオオアワダチソウの本数、上位20本の長さを測定しました。

2m近くあるものもあり、コンベックスで計るのも一苦労でしたが、ウトナイ湖の自然も楽しみながら行うことができました。

明日、調査の結果を過去のデータと照らし合わす作業を行います。
どの除去方法が一番効果的であるのか、効率的であるのか。明日の結果を楽しみにしたいと思います。

画像

ウトナイ初日



皆さんこんばんは!コーディの荒金です。

私たちは昨日、大洗港でフェリーに乗船。午後13時半に北海道の苫小牧港に到着しました。

そこで、原田レンジャーに向かいに来ていただき、そのままお店に5日分の食料を買い出しに行きました。

そのあとNCにて原田レンジャーによるオリエンテーションを受け、また夜にはウトナイ湖とラムサール条約についてのセミナーを聞き初日は終了しました。
utonai

皆さんこんばんは!コーディの荒金です。

私たちは昨日、大洗港でフェリーに乗船。午後13時半に北海道の苫小牧港に到着しました。

そこで、原田レンジャーに向かいに来ていただき、そのままお店に5日分の食料を買い出しに行きました。

そのあとNCにて原田レンジャーによるオリエンテーションを受け、また夜にはウトナイ湖とラムサール条約についてのセミナーを聞き初日は終了しました。

0日目!

画像


こんにちは!
チーフの佐藤です。

まもなく大洗港を出発します。

今回の参加者は、

日本大学2名
東京農業大学2名
恵泉女学園大学1名
東海大学1名

の計6名です。

(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターに受け入れて頂き、
○オオアワダチソウ除去作業

○オオアワダチソウ抑制管理調査

○看板除去作業

以上の3つの作業を行います。
作業内容については毎日更新していきますので、是非チェックして下さい(^^)

それでは、フェリーの旅を楽しみつつ4泊5日のワークキャンプ、がんばります!!

ワークキャンプ3日目!

画像

こんにちは。コーディネーターの松下です。期間中にブログを更新できずすみません。ワークキャンプを振り返りながらこれから更新していきます!

ワークキャンプ3日目は、一日中オオアワダチソウとの格闘でした。午前中は、外来種であるオオアワダチソウの抜き取りを行いました。根っこごと抜くことが重要で、一緒に作業を行ったボランティアの方に数本まとめて抜くというコツを教えてもうことができました。総勢15名、一時間弱の作業で最終日的には7678本のオオアワダチソウを抜く事が出来ました!
また午後は、1�あたりの植物の種類、被度、オオアワダチソウの長さ、本数を記録する作業を行いました。初めて見る植物の名前を覚えることに苦労しながらも、無事に十数カ所での作業を終えることができました。夜はズッキーニチャンプルーを食べました

ワークキャンプ3日目!

画像

こんにちは。コーディネーターの松下です。期間中にブログを更新できずすみません。ワークキャンプを振り返りながらこれから更新していきます!

ワークキャンプ3日目は、一日中オオアワダチソウとの格闘でした。午前中は、外来種であるオオアワダチソウの抜き取りを行いました。根っこごと抜くことが重要で、一緒に作業を行ったボランティアの方に数本まとめて抜くというコツを教えてもうことができました。総勢15名、一時間弱の作業で最終日的には7678本のオオアワダチソウを抜く事が出来ました!

また午後は、1�あたりの植物の種類、被度、オオアワダチソウの長さ、本数を記録する作業を行いました。
初めて見る植物の名前を覚えることに苦労しながらも、無事に十数カ所での作業を終えることができました。

夜はズッキーニチャンプルーを食べました


utonai
 こんにちは。コーディネーターの松下です。期間中にブログを更新できずすみません。ワークキャンプを振り返りながらこれから更新していきます!
 
ワークキャンプ3日目は、一日中オオアワダチソウとの格闘でした。午前中は、外来種であるオオアワダチソウの抜き取りを行いました。根っこごと抜くことが重要で、一緒に作業を行ったボランティアの方に数本まとめて抜くというコツを教えてもうことができました。総勢15名、一時間弱の作業で最終日的には7678本のオオアワダチソウを抜く事が出来ました!

また午後は、1�あたりの植物の種類、被度、オオアワダチソウの長さ、本数を記録する作業を行いました。
初めて見る植物の名前を覚えることに苦労しながらも、無事に十数カ所での作業を終えることができました。

夜はズッキーニチャンプルーを食べました

2011夏ウトナイ湖ワークキャンプ1日目

画像

こんにちは!
ウトナイ湖ワークキャンプチーフの島谷です。

遅くなりましたが昨日から、2011夏ウトナイ湖ワークキャンプ開始しました!

今回の参加者は
東京農業大学
農学部2人
地域環境科学部1人
というメンバーです

これから5日よろしくお願いいたします。

10夏ウトナイ湖ワークキャンプ終了



お久しぶりです。ウトナイ湖ワークキャンプの木村です。

早いもので11月になりました。
きっとウトナイ湖は僕達が過ごした時よりも渡り鳥達のおかげでうんと賑やかになっているんだろうな~と遠く埼玉からウトナイ湖のことを懐かしんでます。

さて10夏ウトナイ湖ワークキャンプの終了報告がなされていないままでした。尻切れトンボになってしまい申し訳ありませんでした。

8月31日にウトナイ湖ワークキャンプは無事終了しました。

大きな苫小牧の街に囲まれたウトナイ湖のワークキャンプでは、自然と人とがぶつかり合う開発の現場や、美々川源流のような原始の姿を残した自然の美しさ…と様々な刺激を僕達に与えてくれました。
自然保護をしてみたい。そんな思いを持ったウトナイ湖ワークキャンプの仲間達にとってこの刺激はきっとこれからの活躍に生きてくると思います!

最後に僕達に貴重な経験をさせてくださった受け入れ先の皆様に深く感謝します。
ありがとうございました。

ウトナイ湖ワークキャンプ六日目



こんにちは、ウトナイ湖ワークキャンプの木村です。

早いもので今日でウトナイ湖ワークキャンプ最後の作業日となりました。

今日はネイチャーセンター周辺の自然観察路にある「草原の観察小屋」の前で前回のワークキャンプで伐採した木の萌芽を除去する作業を行いました。

この場所は元々名前の通り草原が広がっていたのですが、最近は乾燥化によりハンノキなどの木が侵入、それらが観察小屋からの視界を遮っていました。
その木は冬に伐採したのですが、伐採跡の切り株から新しい芽(萌芽)が出てきて現在1m程まで伸びてしまいました。

そこで今回はハサミを持って伸びてしまった萌芽を取り除きます。

防虫ネットに蚊取り線香を装備していざ草原へ!
一つの切り株から萌芽が20本以上出てきています!ハンノキの生命力には驚かされました!
それらの萌芽をハサミで取り除いていきます。

しゃがみこんでの作業なので背中にはじりじり日差しが当たりさらに草原からは大量の蚊が出てくるので想像以上に大変でした…

今回は切り株約20個から萌芽を除去しました。しかし除去した萌芽からはもっと多くの株を扱った錯覚をします。


午後はネイチャーセンターの中で展示物作りを行いました。

ウトナイ湖周辺で採集された虫や鳥の巣や葉っぱをいろんな人たちに興味を持って貰えるようにします。

虫の展示は実体顕微鏡で観察できるよう透明なケースを作りそのケースの中に虫を固定。
鳥の巣の展示は鳥の絵と紹介文をつけました。
そして葉っぱの展示は葉に穴を空け顔を書いてお面にしました!

どれもネイチャーセンターに展示されているのでウトナイ湖を訪れた際はぜひご覧になってください。

2010夏ウトナイ四日目

画像


こんばんは、ウトナイチーフの見附です。
遅くなりましたが、四日目の様子をご報告いたします!

この日はとてもたくさんの方にお会いしました。

午前中は、市民参加のオオアワダチソウの抜き取りイベントに参加しました。
まず、オオアワダチソウとはどういう植物で何が問題なのかということや、昨年度までの生息数の推移の結果などを原田さんに説明してもらいました。
その後、全員で抜き取り場所へ向かい、50本を一単位として数えながらひたすら抜きました!
そして最終的に、20人で計1時間半ほどで6050本という数のオオアワダチソウを抜き取りました!!
蚊の大群に襲われながらの作業でしたが、とても達成感がありました。

イベントが終わった後は、市民参加の方々と一緒にお昼を食べたりしました。


午後はオオアワダチソウのモニタリング調査のお手伝いをしました。
あらかじめ決められている10箇所の1mx1mの区画内の植物の被度を記した上で、オオアワダチソウについては本数と上位20本を計測しました。
私は去年のワークキャンプでも似たような調査を行ったのですが、オオアワダチソウだけでなく他の植物も見る機会をとなってとても勉強になりました。


夜は懇親会を開催しました。
原田さんがたくさんの方にお声をかけてくださったので、総勢14名にお越しいただきました!
自然保護の話だけでなく、人生の教訓を聞かせていただいた参加者もいました。
普段は話せないような方々とお話しできて、笑ったり飲んだり考えたり密度の濃い懇親会となりました!
また、みなさんお料理を持ち寄ってくださったので、とてもおいしい食事もいただけました。


この通り、この日は本当にたくさんの方とお会いしてお話しすることができました。
このように色んな方々との出会いもワークキャンプの醍醐味だなと改めて実感しました。

ウトナイ湖ワークキャンプ三日目



こんにちは、ウトナイ湖ワークキャンプコーディネーターの木村です。

いよいよ今日からウトナイ湖ワークキャンプの作業開始です!
今日は私達がお世話になっているネイチャーセンターのすぐ裏に設置してある古いガレージの整理を行いました。

ガレージの中にはカヌーや車のタイヤ、プラスチックの樽などこれまで使われていた様々な物が置いてあります。

この沢山の物の中から新しく作られるガレージに移す物と廃棄するものを整理していきます。
特に大変だったのはプラスチックの樽です。樽の中には青米という鳥の餌が入っているのですが、中にはカビの生えてる物があってそれは凄い臭いでした。

約三時間かけガレージの中の物を仕分けしました!これだけの人数が居ればすぐに終わりますね!


予定より早く作業が終わったので、空いた時間にチーフレンジャーの原田さんにネイチャーセンター周辺の散策路を案内していただきました。

散策路の森の様子や植物や鳥など生き物について面白くわかりやすい解説をしていただきみな興味津々!鳥が見つかると皆夢中になって双眼鏡を向けていました。

散策路には明日抜き取り作業を行うオオアワダチソウが大群落を作っていました。
そんな中でも細々と在来種の植物が生えていてかつてのウトナイ湖の姿を垣間見ることができました。
相手はなかなか手強そうですが明日は皆で力を合わせて頑張りたいと思います!

夏ウトナイ湖ワークキャンプ二日目

画像


皆さん、こんにちは!!
ウトナイ湖ワークキャンプコーディネーターの田中大介です。


ついに16時間のフェリーの旅を終わり、北海道に上陸しました。


フェリーの朝で日の出を見ようと早起きしたのですが、あいにく雲で見られませんでした。



買い出しも無事終わりました。また、野菜を農家の方からたくさん頂きました!!ありがとうございます。



そして、ついにウトナイ湖サンクチュアリに着きました。


サンクチュアリに着き、レンジャーの原田さんと合流して夕食を食べました。


その後は、ウトナイ湖における意義やラムサール条約について説明を受けて改めて理解を深めました。
ウトナイ湖は昔、放水路の計画がありなくなりそうになったと聞いた時は驚きまさた。




明日から本格的な作業が始まるのでみんなで協力して頑張りたいと思います。


以上です。失礼します。

2010夏ウトナイワークキャンプ開始!

こんにちは!
2010夏ウトナイ湖チーフの見附です。
昨日、ウトナイ湖ワークキャンプがスタートしました!

今回の参加者は

・日本獣医生命科学大学 獣医学部3年
・帝京科学大学 生命環境学部4年
・東京農業大学 農学部3年
・東京農業大学 農学部3年
・駒沢大学 経済学部2年
・東京農業大学 農学部2年
・東京農業大学 園芸学部2年
・北里大学 獣医学部1年

の8人です。

さて、今回の主な作業について説明いたします。

①オオアワダチソウのモニタリング調査
外来種であるオオアワダチソウの抑制管理のための調査を行います。

②市民参加のオオアワダチソウの抜き取り調査
外来植物であるオオアワダチソウを市民のボランティアの方と一緒に抜き取ります。
将来的にウトナイ湖の保全に寄与し、外来生物の問題を理解するために、現場を知るために行います。

③草原の観察小屋前の伐採木の萌芽除去
観察小屋の視界確保のために、今春に観察小屋前の木々を伐採しました。
時間がたって萌芽してきたので、大きくなる前に刈り取ります。

④イソシギの小径の園路管理
イソシギの小路という観察路がウトナイ湖にあります。
しかし現在、草が生い茂り、来訪者が歩きづらい状態になっています。
そこで、来訪者が用意に観察可能になるくらいまで除草を行います。

⑤ガレージ整理
今ある物置小屋を新しいガレージに取り替えるため、古い物置小屋内の物を必要なもの不用なものに分別していきます。

⑥看板の除去
美々川の河口にある不要になった看板を撤去します。


これらの作業を5泊6日でこなしていきます!

画像


写真は、フェリーの上での一コマ。大洗~苫小牧はフェリーで移動しました。